贈答マナーナビ

役立つ豆知識 

お金を包むとき「奇数」と「偶数」って気にするべき?

慶事は奇数、弔事は偶数

昔から奇数はおめでたい数字とされ、反対に偶数は贈り物の数字としてはよくないとされています。
『8』は末広がりにつながり吉とされ、『4』は「死」、『9』は「苦しむ」につながる数字となような日本固有の考えがあり、不吉とされ避けられています。風水などの数字の霊意や国外の考え方とは異なります。『2』は「ペア」として考えられるため、慶事に使用しても問題りません。たとえば2万円のご祝儀に1万円札1枚と5千円札2枚を包むということもできます。

ご祝儀袋や香典袋の中封筒の印刷も筆の達人V8/Web V10で印刷が可能です。
関連ののし紙・掛紙を希望されたお客様に、ご祝儀袋/香典袋を一緒にご提案されてはいかがでしょうか。

筆の達人V8 >>

筆の達人Web V10 >>

日本の「おもてなし文化」をスマート化するソフトウェア 達人シリーズ