贈答マナーナビ

役立つ豆知識 

お金や商品券を贈るのは失礼に当たるって本当?

お金・商品券の贈り方

品物にするかお金にするか悩む場合があると思います。以前は現金や金額がわかる商品券では、ストレートに伝わるため、かえって相手を低く見るようで、避けられていました。

しかし最近では好みに合わせて品物を選ぶことができるため、受け取る側としても一番便利であり、贈る側としても品物選びに悩む必要が無いため、現金や商品券はよく利用されるようになりました。

目上の人に現金を贈る場合は

一般的には目上の人には現金を贈ることはマナー違反です。しかし現金でお礼をするケース(仲人へのお礼など)では菓子折りと一緒に現金を添えるものとして相手に渡せば気持ちが伝わります。

  • 返礼をする場合は、現金よりも品物でのお返しがよいでしょう
  • 金額は一定額必要であるため、金額が少ない場合は品物にして贈るほうがよいでしょう

しかし、品物を贈る際ののし紙・掛紙を間違えてしまっては、失礼にあたります。筆の達人V8/Web V10では表書に合った水引やデザイン掛紙の候補が自動で選択されるので、間違いがありません。

また、フォーマルなのし紙やカジュアルな掛紙があるので、贈り物にあわせてお選びいただけます。
贈り物に合わせることで、より一層心がこもります。

印字サンプル >>

祝儀袋、正しく選ぼう! >>

日本の「おもてなし文化」をスマート化するソフトウェア 達人シリーズ